ドライアーやアイロンを使って自分アレンジも

ウィッグのイメージってどんなのでしょうか。
2014y08m10d_211725041
洗えない。乾かせない。買ったまま使うしかない。扱いが難しいなんて考えていらっしゃる
ならそうでもないようです。
簡単な水洗いなら可能で、耐熱対応のウィッグなら180℃ぐらいまでなら使用可能
のものもあるのでドライアーを使うこともできるようです。
ドライアーが使えるならアイロンなども軽めにかけて自分オリジナルの
カールをかけることも可能なので
そうなるとかったままそのままをかぶるだけじゃなく自分オリジナルの
アレンジを加えてより自然に自分の好みのウィッグで自分の髪をセットできるように

耐熱ウィッグの種類も豊富ですから
やってみたかった髪型を探し当てられるんじゃないでしょうか。
もし見当たらないならば近い形のものを買って自分でカットして
アイロンなどで整えるのもいいかもしれません。
もったいないかもしれませんが
本当の自分の髪じゃないからこそ失敗も恐れず許せるかもしれません。
ウィッグで失敗が怖くてできなかった、髪型も挑戦できるかもしれません。

毎日じゃないけど試したい髪型を
休みの日だけ、イベントのときだけ
おしゃれに、コスプレに、使える耐熱ウィッグを一度試してみるのもアリかも。

もしかしたらおしゃれの必須アイテムになるかも
耐熱ウィッグが癖になるかもです。
いろんなアレンジもできますし、白髪隠しにもなります。
髪の傷みもなくつやのあるヘアスタイルになれるので若返りそうですね。
また、和装用のかわいいウィッグもあります。
ウィッグについての参考サイト
着物・和装に似合うウィッグhttp://xn--dckf5a1e6535bncg.biz/

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ